概要

わが国においては、近年、食品安全行政にリスク分析の考え方を導入し、農畜水産物の安全確保に努めています。このような中、農林水産省においては、委託プロジェクト「生産・流通・加工工程における体系的な危害要因の特性解明とリスク低減技術の開発」(平成20~24年度)を実施し、生産から流通加工まで、農畜水産物において重要度が高い危害要因(化学物質、かび毒、病原微生物)について、危害要因に関する科学的なデータ整備・解析等のための手法・技術を開発するとともに、さまざまなリスク低減技術を開発しています。
今回、これまで得られた新たな知見を紹介するとともに、今後の研究方向などについて議論することを目的として研究成果発表会を開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

 

開催日・場所

  1. 日時:平成22年11月5日(金曜日)9時30分~17時00分
  2. 会場:つくば国際会議場(エポカルつくば) 中ホール200、中会議室201・202

(茨城県 つくば市 竹園 2丁目20番3号) http://www.epochal.or.jp/   

 

シンポジウムの内容

<開会>中ホール200

9時30分~10時00分

開会挨拶農林水産省 農林水産技術会議事務局、(独)農業環境技術研究所

<基調講演>中ホール200

10時00分~11時40分

 「土壌科学と有害化学物質」

三枝 正彦 氏

(豊橋技術科学大学 先端農業・バイオリサーチセンター 特任教授)

「食品安全確保におけるGAPの役割」

松田 友義 氏(千葉大学 園芸学部 教授)

<プロジェクトの概要紹介>中ホール200

11時40分~12時00分

<ミニ講演>中会議室202

14時00分~15時00分

・プロジェクトのトピック及び概要を紹介

<ポスター発表>中会議室201

・研究課題のトピックを紹介

掲示(9時00分~17時00分)

説明(15時00分~15時45分・16時15分~17時00分)

<終了>

17時00分