「我が国における新たな多剤耐性菌の実態調査」において、ニューデリー・メタロ・β-ラクタマーゼ 1(NDM-1)産生肺炎桿菌が検出されましたので、ご報告いたします。
同調査におけるNDM-1産生菌の報告は、これが第1例であり、国内での報告例としては第2例です。
(検査結果)
・ 菌種:肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)
・ 国立感染症研究所におけるPCR検査結果:NDM-1型
(既知のNDM-1型β-ラクタマーゼ遺伝子塩基配列と完全に一致)
※10月1日までに菌株を受領し、検査を実施した7件のうちの1件。

(背景)
・ 8月下旬にさいたま市民医療センターに肺炎のために入院した高齢の女性患者の、入院時に採取した尿の検体から、多剤耐性の肺炎桿菌が検出された。
・ さいたま市民医療センターから、さいたま市健康科学研究センターを通じて、国立感染症研究所に菌株の提供があり、検査を実施したもの。(9月上旬に送付された検体が検査不能であったが、9月16日に改めて受領した検体の検査を実施。)
・ 患者は現在も入院中であるが、症状は軽快している。
・ 現在、入院中の他の患者から、多剤耐性肺炎桿菌は検出されていない。
・ なお、この患者には、最近の海外への渡航歴はない。
 

                              平成22年10月4日 厚生労働省 Press Release