北海道サロマ湖

2012年7月20日(金)


 


私ごとですが、北海道の北見市にある畜産会社の顧問としてたびたび北見には伺うのですが、今回は北海道の気候も良くなってきたので、会社の皆さんとゴルフをすることになりました。

北見市内からは、食肉センターの五十嵐所長が小生をゴルフ場まで送ってくれました。自衛隊上がりのがっちりした体格の五十嵐所長のゴルフは必ずしも得意ではなく、テンションは下がり気味ですが、ゴルフ場までの約1時間の道のりは、所長得意の釣りのはなしで盛り上がりました。たぶん道のりが2時間あっても釣りの話をしていたでしょうね。

 ゴルフの帰りには、食肉工場の伊藤工場長と小野主任が小生を舗装もされていない道を登っていくような自然の中にあるサロマ湖展望台という所に連れて行ってくれました。途中、小生を迎えてくれたのでしょうか ,ぬいぐるみの様なキタキツネの子供が姿を現しましたよ。

天気も晴れていましたので、その景色は何とも雄大で素晴らしくきれいな風景でした。サロマ湖に行った時には是非ここは行くべきところでしょうね。お勧めの観光スポットです。

 帰りには、サロマ湖でしか取れず、1年で40日間しかその漁ができないという北海シマエビを漁師が経営している直販場で購入し東京に送りました。すでに海水で茹でてあるのですが、東京の暑い気候の中で、これを食べながらのビールは格別です。

北海道には、本当においしい食べ物がたくさんあるんですね。北見工場センターの皆さんには感謝です。

http://shokunoanzen.net/file/image/65-309a94a55204f59654ca2d4e619a375c.jpg