コラム アフラトキシン汚染

2011年8月12日(金)


 


欧州委員会(EC:Food Safety: from the Farm to the Fork)の食品獣医局

(FVO)視察報告書では、南アフリカ ピーナッツのアフラトキシン汚染について

以下のように報告している。


「南アフリカ産の殻つきピーナッツのアフラトキシン汚染が、2008年5件、2009

年10件、2010年23件と増加しているため、2011年3月15~24日にFVOによる

視察を行った。

視察目的は、EU向けピーナッツのアフラトキシン汚染の管理システムの有無とそ

の管理が十分に機能しているかを確かめるためである。


南アフリカに管理の枠組みはあるが、サンプリングや検査、貯蔵条件、生産

段階でのGAP管理などに欠陥がある。分析に関しては、特に10 ppb未満の値の信

頼性がなかった。」

 そこで、ダイオキシンの10倍以上といわれる毒性を持ったアフラトキシンにた

いして、我が国の防疫対策はどうなっているのだろうか。昨年のデータでは米国か

らの違反輸入食品の半分がアフラトキシン汚染であったが、それに対する適切な対

応策をしているのであろうか。

 詳細は当HP5月9日の記事で参照されたい。

                                  食品・環境安全ネット事務局  池亀公和