世界保健機関 欧州事務局(WHO Europe)6月10日
 

 

モヤシが証拠として新たに上がった

 

6月10日に、ロバートコッホ-研究所(RKI)、連邦政府のRisk AssessmentInstitute (BfR)、

 

およびConsumer ProtectionとFood Safetyの連邦政府のオフィス(BVL)の当局は、疫学的

 

に豆と種子芽(コロハ、ブンドウ、レンズ豆、アズキ、およびアルファルファを含む) による食

 

物連鎖が、珍しいenteroaggregative verocytotoxin-産生大腸菌(EAggEC VTEC)O104:

 

H4バクテリアによってドイツで引き起こされた大発生の感染経路であることを共同で述べま

 

した。

 

当局は、現在、ドイツの人々がどんな産地の生の豆と種子芽も食べるべきでないことを勧めま

 

ています。家庭、仕出し屋、およびレストランはどんな豆、種子芽、およびそれらに接触して

 

いたどんな食品も追って通知があるまで処分するべきと言っている。

                            食品・環境安全ネット事務局