質問

食品安全コンサルタントの選び方 

最終更新日:2011年6月26日(日)11:17 回答数:1 カテゴリー:

多くの会社や個人のコンサルタントから弊社に適したコンサルタントを選ぶためには何を気をつければいいですか。またどうすればいいですか。
投稿日:2011年6月26日(日)11:01 投稿者:コンサル希望

回答一覧



1件中 1件~1件を表示

FSMS審査員 

2011年6月26日(日)11:17

食品安全にかかわるコンサルタントといわれる人はたくさんおります。そして、それぞれの方たちはそれぞれの才能や特徴を持ってコンサルを行っているのが現状です。つまり、食品安全にかかわるコンサルタントにはなにも資格が必要ではありません。誰でもで来るのです。それだけにご質問の内容が大切になるのです。
 ではどうすれば適切なコンサルティングが受けられるのかについてお話しますと。まず、会社の規模や会社の名前で依頼するのは危険です。検査コンサル機関等の規模が大きくてもまたは有名でも、必ずしも力量のあるコンサルが御社に来るとは限りません。コンサルティングは、まずその人の経験やスキルがどれだけあるかが最も重要です。
 コンサルタントを選ぶときにはまず担当してくれるコンサルタントの経歴やその充実度を確認する必要があるでしょう。そして、食品危害のもっとも重要なキーワードは微生物ですので、微生物にどれだけ精通しているかは最も大切なポイントです。
 現実に、微生物を知らないコンサルによって危害分析がほとんどできていない施設などはよく見てきました。
そして、コンサルで大切なことは、そのコンサルタントと担当者との相性や、依頼する側の組織形態または受け入れる体制がどれだけ整っているかも重要な問題です。さー、コンサルしてください。などといったコンサル任せの体制ではどんなに力量のあるコンサルタントに恵まれても良い結果は生まれません。



1件中 1件~1件を表示